フランチャイズの居酒屋を開業するまで複数の会社を比較検討しました

札幌市でフランチャイズの居酒屋を4店舗経営していますが、開業までに5つの会社を比較検討して慎重に起業をおこないました。フランチャイズの開業契約だと支度金が少なくて済むメリットはあるものの、毎月の売り上げノルマや食材の最低仕入れ数の縛りがつきものです。

これらは会社によって大きく異なるので、いかに経営者の負担が少ない条件で起業できるのかを吟味しないといけません。その結果、支度金は高くても毎月のノルマを課さない会社と契約を行ない順調に店を経営出来ています。